よろしければクリックお願いします。              ブログランキング         

2007年03月10日

冬再来

 ここんとこの寒波の襲来で冬に逆戻りしてしまった。

 今の時期の寒波なんて1日か2日で終わるんやろな〜〜って思っていたら大間違い!!


 雪が降って降って、積もってしまった。

 
 huyu 01.JPG

 この情景が3月だと言うことは信じられません。


 車のスノータイヤも替えてしまっていたので、走れないし、辛うじて軽トラはまだスノータイヤのままだったので、それを使うことにしたんだけれど・・・・・・。


 二人しか乗れないから不便なこと極まりない。

 雪がある場所でのタイヤの交換はものすご〜〜く大変だった。


 駅にはラッセル車が待機していました。

 huyu 00.JPG


 もうこれ以上降って欲しくな〜〜〜〜い!!!



 他の地域では春爛漫なんでしょうかね〜〜〜〜??







posted by ひろポン at 08:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

調査捕鯨

 今朝の新聞にこんな記事が載っていた。

 日本の調査捕鯨に抗議する米環境保護団体シー・シェパードの船2隻が、9日南極海で調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所の船団の調査母船、日新丸に接近、化学物質の液体入りビンを投げるなどし、乗組員二人が軽傷を負った。福井新聞より


 このような記事を見ているといつも思うのだが、目的が正しければ手段を選ばず、って。

 この思想っていうか、確信はどこか宗教的な臭いがする。

 昔、キリスト教を広めたヨーロッパ人は良いことをしていると確信していた。

 信じ切っていた。

 何故って、神の言葉を未開の人に伝えていくことは神の言葉を知っている者にとっては義務と思っていたから。

 その結果どうなっただろうか?

 世界中にあった、文化や国家、民族までも滅ぼしてしまったのだ。

 神の言葉を伝える事だけに集中して、受け入れない民を異端扱いにして、抹殺しても何の呵責も持たないようになってしまっていた。

 これが、キリスト教の歴史なのだと思うのだが、今もそのことに気づいているキリスト教徒は何人いるのだろうか?


 歴史に学ぶ

 このことの意味は、今もって理解されていないように見受けられるのは、オラだけだろうか?


 アメリカのイラク攻撃然り、今後もアメリカは攻撃に対して謝罪はしないだろう。

 それに便乗したイギリスも然り。

 イギリスの中国に対するアヘンの合法的輸出、これも謝罪はしていなかったかのように思う。

 中国のチベットに対する侵略もまた然りである。

 
 インド人が牛を食べる国に対して、神の使いである牛を食べることはけしからんと言ったことがあるだろうか。

 一夫一婦制の国が一夫多妻制の国をけしからんと言ったことがあるだろうか。

 イスラム教徒の国が豚の肉を食べるのはけしからんと言った事があるだろうか。

 
 それぞれの国にはそれぞれの食文化があるのだ。

 オラ自身は、韓国の犬食文化は気味が悪いとは思うが、それで韓国人の程度が低いとは思わないし、ましてやそのことを持って民族に対する攻撃の材料にしようなんては全く思わない。

 カタツムリを食べるのも同じ。


 鯨には知能が他の動物より高いから、食べてはいけないなんて・・・・・、じゃ、知能が低ければいいのかな?(これは逆に差別だと思う。)

 なんて思ってしまう。

 全くの独りよがり。


 目的のためには手段を選ばず


 薬品を撒いた人たちは、自分たちは正しいことをしていると確信してやったのだろう。

 その目的を達成するためには、どんなことも許されると思っているのだろう。

 たとえそれで人が死んだとしても。

 宗教の恐ろしさはそこにあると思う。

 昔の赤軍派や中核派を見ているような気がします。

 オラが思うに、目的は正しかったが手段が悪かった。

 でも、彼らは目的を達成するためには、仕方がないと考えていた。

 小を殺して大を生かす。

 
 その結果、誰も見向きもしなくなった。


 

posted by ひろポン at 10:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

 オラはが嫌いだ。

 以前はそんなに嫌いではなかったんだけど・・・・・・・・・。

 でも今は嫌い。

 は生きとし生けるものにとってはとても大切なもの、と言うのも分かってはいる、頭では・・・・・・。


 でも嫌いなんだ。

 は好きなんだけど。


 それもこれも年のせいなんだろうか?

 そうは思いたくない。

 
 時として現実はオラを容赦なく責め立てる。

 そんなこと小さな事だよって強がりを言っても、確実に現実はオラに襲いかかってくる。

 追いつめてくる。


 負けてたまるか!!

 そんなことなんかでは負けないぞ!!

 
 でも一方で気弱なもう一人の自分が頭をもて上げてくる。

 いいじゃないか、クヨクヨするなよ。

 どうせ成るようにしか成らないんだから。




 
 オラはが嫌いだ。

 

 何故って・・・・・・・・・・・・、











 言いたくはないんだけれど・・・・・・・・・・、











 認めたくはないんだけれど・・・・・・・・・・、










 実は、






 
 オラだけではないと思うんだけど・・・・・・・・、






 薄くなってきたんです、頭が・・・・・・・。



 今までは雨の中を歩いても、雨が直接頭皮まで届くことはなかったんですが、今でははっきりと感じるんです。

 雨が降ってるなって・・・・。


 こればっかりは止められません。

 お風呂に入って頭を洗うと毛が抜けていくのが分かるんです。


 いっぱい泡と一緒に着いてくるから。


 現実は厳しいです。

 そして遺伝はもっと厳しいです。


 オラの父は、ものの見事に毛がありません。

 はっきり言ってズルムケ状態です。


 オラもそうなるんでしょうか?ズルムケ状態に。


 まだまだ、色んな女性と知り合うかもしれないのに・・・・・。


 情熱的な恋をするかもしれないのに・・・・・。


 可能性がどんどんなくなっていきます。


 オラの頭です。

 kami.JPG

 勇気を下さい。

 まだ大丈夫でしょうか??

 それとも時間の問題でしょうか??


 不安です。
 


posted by ひろポン at 22:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

駅(竹内まりあ)

 本棚のCDを何気なく捜し物をしていたら、竹内まりやのCDが出てきた。

 ずいぶん昔の曲だけど、この歌には思い出がある。

 いつも口ずさんでいた歌。



 



 この歌を聴いていると何故か涙が出てきます。

 あの日の情景が目に浮かんできて、何回も聞いてしまう。



 


 
 あの人は今どうしているのだろうか?

 いつもは日常の忙しさに紛れ込んで思い出さないけれど、ふっと息を抜いたときに心に浮かんでくる。



 





 見覚えのあるレインコート

 黄昏の駅で 胸が震えた

 速い足取り 紛れもなく

 むかし愛してた あの人なのね

 懐かしさの一歩手前で

 こみ上げる苦い思い出に

 言葉がとても見つからないわ
 
 あなたが居なくても こうして 元気で暮らしていることを

 さりげなく伝えたかったのに・・・・

 
 2年の時が変えたものは

 彼のまなざしと私のこの髪

 それぞれに待つ人の元へ

 帰って行くのね 気づきもせずに

 一つ隣の車両に乗り うつむく横顔見ていたら

 思わず涙溢れてきそう

 今になってあなたの気持ち はじめて分かるの 痛いほど

 私だけ愛してたことも


 ラッシュの人波に飲まれて 消えてゆく後ろ姿が

 やけに悲しく心に残る

 改札口を出る頃には 雨も止みかけたこの街に ありふれた夜がやってくる

 ラララ・・・・ララ・・ララ・・・・・



 
 精一杯、明日も生きていきます。



posted by ひろポン at 21:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

地主

 皆様 明けてしまっておめでとうございました。

 今年もいいことがありますように、と念じつつ新年の挨拶とします。

 さて、新年を迎えてしまったことに対して、今年こそいい年でありますようにといくつもの神社にお参りしてお願いはしてきました。

 決して数打ちゃ当たるというような不謹慎な考えではありません。

 単に確率の問題だと考えている次第であります。

 
 さて、オラの家は世が世ならたいそうな家であったわけで、田んぼにと大勢の小作人をあごで使ってきたわけであります。

 が、昨今の農地改革に伴い、無一文とは言わないまでもかなり落ちぶれてしまいました。

 罰が当たったんでしょうか?

 それでも、少しばかしの土地にしがみついて我が家を守り続けてきたわけです。


 が、それも限界に達してきたようです。


 さて記事に戻りますが・・・・・・・、

 地主の話でしたネ。




 え〜〜〜〜っと、スミマセン、を間違えていました。


 地主ではなく・・・・・・・・・・、










 痔主の間違いでした。



 

 えらいすんません。






 けど、痛いんです。



 最近は癖になっているというか、しゃがみこむことが出来なくなりつつあります。

 百姓の仕事である草むしりが出来ません。

 いまは冬だからいいんですけど、春になって草が出てきたらって思うと、痛くて眠れません。


 これは病気なのかどうかは分かりませんが、酷くなっても良くなることはないんじゃないかと思っています。

 お医者さんにも行きました。

 けど、座薬飲み薬をくれるくらいで、何の解決にもなっていません。

 何の気休めにもなりません。



 こうしてブログを書いているときでも・・・・痛〜〜〜〜い


 やっぱり手術しかないんでしょうか?



 イヤやな〜〜〜〜〜。




posted by ひろポン at 23:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

オラの好きな季節(冬)

 オラはどちらかというと夏より冬の方が好きだ。

 別段これといった理由はないんですけど・・・。


 強いて言えば、冬景色が好きだから。

 オラの町には山に杉の木がたくさん植林してあるんだけれども、それに雪が積もるとクリスマスツリーのようになって綺麗だから。

 huyugesiki 06.JPG

 本当にクリスマスツリーのようになります。

 
 他にも木の枝に雪が積もると木の色と雪の白色のコントラストが綺麗に見えます。

 huyugesiki 08.JPG
 
 こんな木を見ていると、なんだか勇気がわいてくるんですよね。


 雪に煙る集落の風景も好きです。

 huyugesiki 10.JPG

 雪国の生活は大変と思うかもしれないけれど、一面ではそうなんだけれど、でも吹雪が止んで窓の外に見える一面の銀世界はそれは綺麗です。

 春に近くなると雪の上をがぼらなくて歩けるんですから。

 山の中にも川のそばにも行けます。


 huyugesiki 11.JPG

 こんな事を考えるのはオラだけだろうな〜〜〜〜〜。



posted by ひろポン at 22:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

我が家に神様がやってきた!!??

 我が家にもやっと神様のお家が出来ました。

 作らなきゃ、作らなきゃと思っていたのに5年くらいほったらかしにしていました。

 それで今日やっとお家を買ってきました。

 
 これが神様のお家です。

 kamisama.JPG


 実はこのお家は2代目なんです。

 昨日嫁はんがお家を買ってきたんですが、組み立てる途中に扉が取れてしまったんです。

 それで「扉が取れる神棚なんて縁起が悪い」と言って今日同じものと取り替えてもらいました。

 確かに縁起は悪いと思います。

 オラはあんまり気にならなかったんですけど・・。


 で、お正月にはお祓いを受けて神様をお迎えしようと思っています。

 
 商品には「この神棚はお祓いを受けています」と書いてあったそうですが、本当でしょうかね??


 疑いだしたらきりがありません。
 
posted by ひろポン at 22:15| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ささやかな幸せ

 オラの好きな物はおもち

 
 おもちであればどんな食べ方でもいいんですが、今の時期にはやはり焼いたおもちがいいかな。


 今ではいつの時期でも、袋に入っているおもちが買えるので嬉しい。


 オラが子供のときにはおもちは冬しか食べれなかった。


 時々夏におもちを作ると冬に作ったおもちよりも固くなってしまうのだ。

 そんなおもちを雑煮にすると端の方が固くなっていて、とても冬に食べたのとは違う食感だったのを覚えている。

 今では夏でも柔らかいおもちが食べられるようになったのは技術の進歩でしょうか??


 おもちの袋を開けておもちを取り出してレンジにセット。


 そして、電子レンジの前に陣取って待つこと約5分。

 おもちが膨れてくるのを見るのがとっても待ち遠しい。


 あっ、膨れてきた!!!


 まんべんなく火が加わって柔らかくなれよって心で念じてみる。

 他人が見たら、レンジの前で嬉しそうな顔をしているのは何ともま〜気味が悪いかもしれないな。


 で、砂糖醤油をつくってその中に漬け込む。

 omochi 00.JPG


 そして、固くなった表面を箸で壊してさらに砂糖醤油をなじませる。


 そして、いただきま〜〜す。


 omochi 01.JPG


 この時オラは、ささやかな幸せをかみしめています。


posted by ひろポン at 19:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

肉団子

 ブ〜〜〜ンッ


 オラの頭の近くを蜂が飛んでいった。

 が、いつもの羽音とは違う感じだ。

 羽音が途中で消えたのだ。

 普通は羽音はだんだん小さくなっていくのに、今のは急に羽音が消えたのだ。


 もしかしてオラの頭の近くに止まったのかもしれないし、オラの体に止まったのかもしれない。

 オラは小学生の時に蜂の巣をつついて逆襲にあったことがあるのだ。

 顔を刺されてお多福みたいになったことがあるのだ。

 あのときは小学生だったからまだ良かったものの社会人になってお多福のような顔では会社にも行けない。

 かっこ悪い。悪すぎる。


 そんな思い出があるもんだから、蜂に対しては異常なほどに気を遣ってしまうのだ。


 恐る恐る服やズボンを見ても、蜂はいなかった。

 どこに行ってしまったんだろうか?

 あの羽音では飛び去っていないと思うのだが・・・・・。


 辺りを見回すと・・・・・・・・、いたっ!!!

 片足で屋根にぶら下がっていた。

 nikudanngo 01.JPG


 少し時間がったたら
 nikudanngo 00.JPG


 じっと見ていると、何か虫を捕まえたらしい。

 ガリッ、バキッという音とともに根や足が落ちてきた。

 よく見るとそれは蜂の足のようだ。

 蜂が蜂を捕まえるのだろうか???

 確かにぶら下がっている蜂はスズメバチではないが大型の蜂だ。

 何で蜂が蜂を捕まえるんだろうか?


 よくは分からないけれど、魚だって魚を食べるし、鳥だって鳥を食べるし、動物だって動物を食べるし、って考えるとそんなに不思議ではないような気もしてくる。


 今は子育ての時期なんだろうか。

 虫を捕って肉団子にしてサナギに与えているのだろうか。

 それにしても、虫をかみ砕く音があんな音がするとは思いませんでした。


 ガリッ、バキッっていう音とともにひらひらと落ちてきた羽根が惨めでした。

 
posted by ひろポン at 23:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

小旅行

 今日オラはお仕事。

 普通は土日と祭日はお休みなんですけど、今日は特別に仕事が詰まっていたので休めなかったんです。

 秋の3連休だというのに・・・・・。

 でも、朝は雨だったので今日お出かけを考えてた人には少し残念だったと思います。

 オラの地方でも今日は行事が一杯行われるはずだったのに・・・・・。

 オラの町でもふたつ同時に計画が立てられたので、二つに興味があった人はどうしたんでしょうか?????


 仕事を終えていつものように電車に乗って本を開いていたら、いい香りがしてきた。


 誰かが駅弁を食べている!!!

 あまりにジロジロと見るのは失礼だから、自然に顔を上げて周りを見渡すと・・・・、すぐ隣の席で4人が駅弁を広げて食べていた。

 家族4人、お父さんとお母さんとそれに小学生くらいの男の子が二人。

 4人がけのいすに座って美味しそうに食べていた。

 こんな風景(?)を見るとついつい微笑んでしまう。

 荷物棚には大きな荷物は置いてなかったから、近くからの小旅行を楽しんでいるのだろうか?

 
 それにしても、いつから我が家は電車を利用しての旅行をしなくなったんだろうか。

 車という便利なものがあるから、ついついそれを利用してしまう癖が付いてしまった。

 車田と時間を気にせずに好きなときに行動できるが、電車では時間に拘束されるから、きっちりと計画を立てないと、時間の無駄になったり、逆に時間が足りない、なんてことになりかねない。

 こう考えると、車ばかり使っているんじゃなくて、少しは電車を利用してみるのもいいのかもしれない。


 と思いました。

 明日はお休みだから、少しの小旅行をしてみようかな・・・・、子供や嫁はんの意見も聞かんといけんですけど。





posted by ひろポン at 18:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。