よろしければクリックお願いします。              ブログランキング         

2005年12月29日

今日から正月休み!!

 今日から正月休みに突入した。

 世間では1年の垢を落とすために、家の掃除などで忙しいのだろう。

 ・・・・・が、オラの家では今日も朝の8時から雪下ろし。

 これで3週間続いての雪下ろしだ。

 普通は週末は仕事の疲れをとるためのものなのに、最近は仕事より数倍も疲れる。

 老体は体力的に辛い。

 が、そんなことは言ってられない。

 何故かというと・・・・・・・。


続きを読む


posted by ひろポン at 18:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

今年早くも2回目

 昨日、実家の母からまたしても電話があった。

 日曜日にお寺の屋根雪下ろしをして欲しいとのこと。

 今年に入ってこれで2回目だ。

 雪国に住んでいる者には冬の雪下ろしは宿命だが、毎週となると流石に体が辛い。

 朝8時からの作業が終わったのは10時。

 その後、例によって実家の雪下ろし。

 今日は先週出来なかった小屋の雪を下ろした。

 3時までかかった。

 でもまだの雪下ろしは住んでいない。

 会社が正月休みに入る29日にでもするとしよう。


 ニュースでは今庄地区の積雪量は1m50cmと言っていたが、実際は2m近くある。

 2m近くあると雪下ろしは大変だ。

 上の雪をスコップでかくのに体を反り返らなければならないからだ。

 最初、屋根に登って雪かきをするのに立つ場所を確保するのがこれまた大変。

 梯子で登っていくのだが、積もっている雪は屋根からせり出していて、先ずこれを取り除いてから
ベースキャンプを確保。

 それからやおら始めるのだ。

 

 と、まあ〜こんな蘊蓄を述べても仕方がない。

 今日はあまりに張り切りすぎたため、右手のヒジが腱鞘炎になりました。


 非常に痛いデス。





posted by ひろポン at 19:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

人口減少社会

 遂に日本が「人口減少社会」に突入したそうな。

 出生率よりも死亡率が上回ったのだ。

 その数1万人

 オランチで購読している地方紙に出ていた。

 記事によれば「政府は児童手当の拡充など少子化対策を強化するが、仕事と出産の板挟みに悩む女性達は「こんな状況でそうやって産むの??」と冷ややからしい。」

 又専門家からは「未来が見えないのに子供は産めない。少子化は日本女性の静かなストライキ」との声も。


 確か以前に「女性は子供はもっと産みたいが産める環境にない」と言うような記事を読んだ記憶がある。

 今日にの記事にも「二人目が欲しいけど、産めば仕事を失う。今だって綱渡りの生活なのに・・・・」と言うパート事務員の声も出ている。

  
 そうなのだ、女性はもっと子供が欲しいと思っているのだ。

 子供が産まれても離職しなくても良いようになれば、子供は自然と増えてくるだろう。

 それに子供にかかる学費などの教育費は益々増えているから、精々1人がやっとだろう。

 これでは子供は増えない。

 
 ある大学教授は「若い女性は結婚や育児にそれなりに夢を持っているのに、失うお金と機会が大きすぎる。男性がもっと子育てに係わるよう、職場全体で働き方を変えないと女性が働き続けられない」と言っているそうだ。

 
 政府も手をこまねいているわけではない。

 来年4月から児童手当の支給対象を小学3年生までから小学6年生にまで拡大した、が評論家によれば「いくら手当を増やしても、雇用が不安定では子供は産めない。女性のストライキだ」と手厳しい。


 どうなる日本、どうする日本。

 雇用の機会を増やさなくては・・・・・・。

 オラにも出来ることを探します。


 
posted by ひろポン at 00:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

遠回り

 オラが働いている会社は海の近くにあるのだが、普段は冬でも雪はあまり降らない。

 が、今年は違う。

 イッパイ降ったのだ、と言っても、オランチの積雪量に比べたら10分の1の10aぐらい。

 それでも地元の人は大雪だと行っている。

 仕方がないやね、いつもは降らないんだから備えがないのは当たり前と思わなきゃ〜ネ。


 で、明日から3連休の始まり〜ーー始まり〜ーーー、と言っても又屋根の雪下ろしが待っている。

 けど、やっぱり家に帰ると言うもんは良いもんだ。

 早く仕事を切り上げて、早く支度をして、早く車に乗って、急いで運転。

 でも今日は、いつも通っている国道が雪のために通れない。

 そこで武生まで遠回り。

 そうすると約1時間は多めにかかってしまうのだ。

 しかも雪道だからあまりスピードは出せない。

 寮を出たのは6時半で家に着いたのは10時。

 眠たかった、何度ウトウトとしただろうか? 気を付けないと交通事故を起こしてしまう。

 けど、無事に到着。


 明日からは又屋根雪下ろしが待っている。

  

posted by ひろポン at 00:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

またまた寒波襲来

 昨日の夜から今朝にかけてまたまた寒波が襲来した。

 が、昨日から今日にかけての積雪は30cmくらいとそんなに多くない。

 そんな時の朝の日課は、玄関先の除雪だ。

 雪が降った朝には除雪車が通るため、早くに雪除けをしておかないと壁が出来てしまうのだ。

 この壁は圧雪になっているので固い。

 それを少しでも少なくするために、除雪車が通る前に除雪をするのだ。

 雪が降った朝はいつもこんな作業で1日が始まる。

 今、午前8時。

 朝から停まっていた貨物列車がやっと動き出した。

 いまだに雪はしんしんと降っています。


 
posted by ひろポン at 08:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

国民性????

 お隣の韓国では今大変なことになっているという。

 英雄「黄教授のES細胞研究に疑惑」が韓国国民に衝撃を与えていると言う。

 いわゆる「でっち上げ疑惑」だ。

 オラは全くの門外漢なのでコメントする立場には全くないので事の次第を見守るしかないのだが・・・・・。

 オラがおかしいと思うのは「韓国MBCテレビ」が卵子提供者に報奨金が支払われたことを暴露したことに対しての韓国国民や他メディアの反応だ。

 批判の矛先は韓国MBCに対して行われているようで、その内容は「国益に反する報道」だという。

 どうなっているんだろうか???。

 何でそうなるの???

 データの改竄なんて何処に出もあるし、学会ではそんなに珍しいことではないだろう。

 それは個人の問題だからだ。

 功名心に囚われて発表してもそれは個人の問題に帰するべきで、国民には何の関係もない。

 ましてや、国益に反するからと事実を報道したメディアを攻撃するとはどんな精神の民族なのか????。

 大いに疑問。

 これでは、世界に認められないのは当たり前だと思う。

 韓国は未だに先進国入りしていないと思っているそうだが、こんな事を続けていたら永遠に先進国入りは出来ない。


 お金持ちなっても、世界から尊敬できる国家には成り得ないだろうな。


 オラが思うに、韓国が本当の意味で先進国家になるためには「このような国家にしたのは他人のせいではなく、自分自身からそうなったのだ」という自覚を持つことだ。

 問題をすり替えないことだ。

 100%ではないにしても、90%以上は韓国自信のせいである、ということを認めることだ。

 北朝鮮に拉致されている被害者が一番多い国は韓国であるが、一番関心がない国も韓国である。

 世界中ではこんなに自国民に冷淡な国家はないだろう。


 誰からも信用されてません、韓国国民と韓国は。

 韓国の良心は何処に行ってしまって居るんですか?????。

 もしこの考えが「儒教」から来ているとすれば、儒教邪教ということになるね。


 良心を探す方が無理というモンだろうか???

 
 
posted by ひろポン at 09:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

雪 雪 雪 雪 

 今日は朝からお寺の雪下ろし。
 
 オランチのお寺は誰も住んでいないから、雪下ろしは集落のみんなで行う。

 今日は金曜日だから人が集まって来るんかいな??と思っていたが、案外人数はそろった。

 でもやはりここでも、若い人間は少ない。

 過疎が進んでいるのだ。

 ここでも裏山にある杉の木がぎょうさん折れていた。

 お墓の上に倒れている木もあれば、神社の上に倒れている木もある。

 お墓は大丈夫だろうか??倒れていないだろうか、心配だ。

 今は雪があって動けないが雪が溶けるまで待ってから修復せざるを得ない。

 後始末が大変だ。

 
 お寺の除雪は2時間半で終わったが、実家の雪下ろしに午後4時までかかった。

 今日は本当に疲れた。

 

 雪のないところに住んでいる人には分からないだろうが、こんな事があると雪のないところに住みたいとうらやましく思う、が今庄からは離れません。

 
 田舎でも充分にやっていける産業を造りたいな〜〜。

 やってみます。

 やってみせます。



posted by ひろポン at 19:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

雪害甚大!!!

 昨日雪下ろしをした雪を家の壁から取り除くために雪かきをした。

 流石にこのころになると腕館、腰が痛い。
 
 筋肉痛になりそうだ、もうなっているだろう。

 昼頃から雪が降るのが収まってきたので気晴らしに外に出てみた。




 











続きを読む
posted by ひろポン at 14:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

停電

 他のブログを書いているときに急に停電になった。

 雪の重みで木が倒れて電線を切ったのではないだろうか。

 こうなると現代の快適な暮らしは一変する。

 電気が必要な家電製品は全く役に立たなくなる。

 石油ファンヒーター、電気カーペット、電気毛布、床暖房などなど。

 これらは暖房器具だが、その他にも冷蔵庫、炊飯器、電話、水道(汲み上げにポンプを使用)などがある。

 これらが使えなくなると全く何もできない。

 暖を取るのは服を着ればまだガマンできるとしても、水道が使えなくなるとトイレにすら行けなくなるのだ。水が出ないから。

 外の様子も分からない、テレビが映らないから。

 電話もかけられないから、外との連絡のしようがない。

 オラんちのように携帯電話ですら県外になってしまうような場所では、全くどうにも連絡を取る手段がないのだ。

 全く現代の暮らしは何と脆弱なんだろうか、電気がなければどうにもならない。



 昨日は午後7時半ぐらいに停電になったのだが、町中は真っ暗。

 光っている物と言えば除雪車ぐらいだ。

 今現在の時間は午前3時。

 やっと電気が来ました。

 でもまだ交通網は不通のママです。 


 こんな時間でも道路の除雪やJR線路の除雪、倒木の始末に奮闘している人が居るって事は感謝です。

 
 ありがとうございます。





posted by ひろポン at 04:14| | Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

久しぶりの豪雪

 今日までの積雪量は何と130cm。

 それも一気に積もったもんだから、身動きが出来ない。

 今日は、赴任先に帰るつもりだったが、JRも国道も高速道も不通になってしまった。

 12月の中旬でこんなに雪が降った記憶はない。

 明日は休みを取った。

 が、明後日には出勤できるとは限らないから、明日になってから考えようか・・・。

 今日は家の雪下ろしをしたが、雪下ろしをしている最中に雪の重みで何本も杉の木が折れた。

  止んでくれ〜〜・・・・・〜。

posted by ひろポン at 19:07| | Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

冬将軍到来!!!!

 雪が降り止まない。

 もう40cmは積もっただろうか?!!

 何せここは、福井県でも有数の豪雪地帯。

 福井のサンモリッツと勝手にオラが言っているように雪が降るのだ。

 車で10分も行けば雪なんか無いんだけど・・・・・。

  オラんちの裏庭です
 huyujitaku.JPG
  花粉症の人は住めません


 今日はお休みを取りました。

 東京に行って来ます。

 何で東京に行くのかはここを見て下さい。


 チョット憂鬱です。










posted by ひろポン at 09:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

野鳥への心遣い

 今朝娘を車でT高校に送っていった。

 今日は試合ではなく、審判でのお呼び出しがかかったのだ。

 今まで試合のみだったものが、審判まで出来るようになったのかと喜んでいたが、剣道の場合は少し違うらしい。

 サッカーなどでは試験を受けて受からないと審判は出来ないそうなのだが、剣道の場合は審判の試験というものがない。

 だから少しでも経験があれば誰にでもできるのだそうだ。

 娘を送り届けてからの帰り道・・・・・。

 

 続きを読む
posted by ひろポン at 15:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

冬支度

 先週実家の雪囲いをしてきた。

 オラの地方では、毎年雪は1m以上積もる。

 多い年には2m以上積もるのだ。

 だから大雪に備えて、毎年家の玄関などには雪囲いをする。

 これは蔵です。
 huyujitaku.JPG

 
 これは縁側
huyujitaku 1.JPG

 雪囲いをする季節になると、今年ももうすぐ終わりです。


posted by ひろポン at 05:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

久しぶりの読書

 久しぶりに本を読んだ。

 題名は「韓国人につけるクスリ」。

 著者は中岡 龍馬

 少々過激な内容だ。

 中岡氏は韓国で日本語を教えている関係上、韓国の生徒とよく話題になっている新聞の記事などを材料として討論を行っているそうだ。

 やはり、日本人が想像しているような反応を示すみたいだ。

 

 と、この本の内容は本を買ってから見てもらうとして・・・・


続きを読む
posted by ひろポン at 22:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

初雪

 県内でも有数の豪雪地帯の今庄に今年遂に雪が降った。

 でもまだ積もるまでには至っていない。

 窓から見える山には霧がかかり、杉の緑と少し茶色になった紅葉のコントラストが冬の始まりを告げている。

 畑にはまだ取り残されている野菜が所々に残っている。



 ・・・・・・てな事を考えていると娘が起きてきた。

 今日も部活なのだ。

 

 続きを読む
posted by ひろポン at 08:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。