よろしければクリックお願いします。              ブログランキング         

2007年01月21日

 オラはが嫌いだ。

 以前はそんなに嫌いではなかったんだけど・・・・・・・・・。

 でも今は嫌い。

 は生きとし生けるものにとってはとても大切なもの、と言うのも分かってはいる、頭では・・・・・・。


 でも嫌いなんだ。

 は好きなんだけど。


 それもこれも年のせいなんだろうか?

 そうは思いたくない。

 
 時として現実はオラを容赦なく責め立てる。

 そんなこと小さな事だよって強がりを言っても、確実に現実はオラに襲いかかってくる。

 追いつめてくる。


 負けてたまるか!!

 そんなことなんかでは負けないぞ!!

 
 でも一方で気弱なもう一人の自分が頭をもて上げてくる。

 いいじゃないか、クヨクヨするなよ。

 どうせ成るようにしか成らないんだから。




 
 オラはが嫌いだ。

 

 何故って・・・・・・・・・・・・、











 言いたくはないんだけれど・・・・・・・・・・、











 認めたくはないんだけれど・・・・・・・・・・、










 実は、






 
 オラだけではないと思うんだけど・・・・・・・・、






 薄くなってきたんです、頭が・・・・・・・。



 今までは雨の中を歩いても、雨が直接頭皮まで届くことはなかったんですが、今でははっきりと感じるんです。

 雨が降ってるなって・・・・。


 こればっかりは止められません。

 お風呂に入って頭を洗うと毛が抜けていくのが分かるんです。


 いっぱい泡と一緒に着いてくるから。


 現実は厳しいです。

 そして遺伝はもっと厳しいです。


 オラの父は、ものの見事に毛がありません。

 はっきり言ってズルムケ状態です。


 オラもそうなるんでしょうか?ズルムケ状態に。


 まだまだ、色んな女性と知り合うかもしれないのに・・・・・。


 情熱的な恋をするかもしれないのに・・・・・。


 可能性がどんどんなくなっていきます。


 オラの頭です。

 kami.JPG

 勇気を下さい。

 まだ大丈夫でしょうか??

 それとも時間の問題でしょうか??


 不安です。
 




posted by ひろポン at 22:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

駅(竹内まりあ)

 本棚のCDを何気なく捜し物をしていたら、竹内まりやのCDが出てきた。

 ずいぶん昔の曲だけど、この歌には思い出がある。

 いつも口ずさんでいた歌。



 



 この歌を聴いていると何故か涙が出てきます。

 あの日の情景が目に浮かんできて、何回も聞いてしまう。



 


 
 あの人は今どうしているのだろうか?

 いつもは日常の忙しさに紛れ込んで思い出さないけれど、ふっと息を抜いたときに心に浮かんでくる。



 





 見覚えのあるレインコート

 黄昏の駅で 胸が震えた

 速い足取り 紛れもなく

 むかし愛してた あの人なのね

 懐かしさの一歩手前で

 こみ上げる苦い思い出に

 言葉がとても見つからないわ
 
 あなたが居なくても こうして 元気で暮らしていることを

 さりげなく伝えたかったのに・・・・

 
 2年の時が変えたものは

 彼のまなざしと私のこの髪

 それぞれに待つ人の元へ

 帰って行くのね 気づきもせずに

 一つ隣の車両に乗り うつむく横顔見ていたら

 思わず涙溢れてきそう

 今になってあなたの気持ち はじめて分かるの 痛いほど

 私だけ愛してたことも


 ラッシュの人波に飲まれて 消えてゆく後ろ姿が

 やけに悲しく心に残る

 改札口を出る頃には 雨も止みかけたこの街に ありふれた夜がやってくる

 ラララ・・・・ララ・・ララ・・・・・



 
 精一杯、明日も生きていきます。



posted by ひろポン at 21:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

地主

 皆様 明けてしまっておめでとうございました。

 今年もいいことがありますように、と念じつつ新年の挨拶とします。

 さて、新年を迎えてしまったことに対して、今年こそいい年でありますようにといくつもの神社にお参りしてお願いはしてきました。

 決して数打ちゃ当たるというような不謹慎な考えではありません。

 単に確率の問題だと考えている次第であります。

 
 さて、オラの家は世が世ならたいそうな家であったわけで、田んぼにと大勢の小作人をあごで使ってきたわけであります。

 が、昨今の農地改革に伴い、無一文とは言わないまでもかなり落ちぶれてしまいました。

 罰が当たったんでしょうか?

 それでも、少しばかしの土地にしがみついて我が家を守り続けてきたわけです。


 が、それも限界に達してきたようです。


 さて記事に戻りますが・・・・・・・、

 地主の話でしたネ。




 え〜〜〜〜っと、スミマセン、を間違えていました。


 地主ではなく・・・・・・・・・・、










 痔主の間違いでした。



 

 えらいすんません。






 けど、痛いんです。



 最近は癖になっているというか、しゃがみこむことが出来なくなりつつあります。

 百姓の仕事である草むしりが出来ません。

 いまは冬だからいいんですけど、春になって草が出てきたらって思うと、痛くて眠れません。


 これは病気なのかどうかは分かりませんが、酷くなっても良くなることはないんじゃないかと思っています。

 お医者さんにも行きました。

 けど、座薬飲み薬をくれるくらいで、何の解決にもなっていません。

 何の気休めにもなりません。



 こうしてブログを書いているときでも・・・・痛〜〜〜〜い


 やっぱり手術しかないんでしょうか?



 イヤやな〜〜〜〜〜。




posted by ひろポン at 23:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。