よろしければクリックお願いします。              ブログランキング         

2006年08月29日

別れぬ理由(渡辺淳一)

 この小説は昭和61年から62年にかけて週刊新潮に掲載されたものだ。

 渡辺淳一さんといえば、男女関係の小説特に不倫を扱ったものが多いのだが、この本は読後何となく爽やかって言うのではないけれど、そんなに不愉快にはならなかった。

 これは彼の持つ筆タッチの良さによるものだろうか?

 てなことはさておき、あらすじは・・・・・

 夫は医者で、妻は雑誌の記事を書くのを仕事としている。

 はじめは夫が単なる浮気をしていたのだが、それを見てみぬ振りをしていた妻もまた不倫に走った。

 けれど、二人とも相手に本気にはなる気はなくて・・・・・。

 関係が続いていく・・・・。

 夫も妻が不倫をしていると薄々感づいているのだが、かといって問い詰める勇気もない。

 妻は妻で、火遊びをしたと後悔するが、それでも相手の強引さに負けて関係を続けてしまう。

 そしていつしか、夫婦お互いが薄々感ずいてはいるものの、あまり深く問い詰めることはなく元の鞘に収まっていく・・・・。


 こんな内容だった。


 所謂ダブル不倫のお話。


 こんな夫婦は多いのだろうか???

 オラは見て見ぬふりは出来んだろうな・・・・。

 夫でも妻でもこんな関係であっても続けていきたいと思うのだろうか?


 判りません。


 
 あまりに古いので画像がありません。

 06083000.DSCF1344.JPG
 

 だいぶ前に出版されているので、古本屋で見つけられると思います。


 


posted by ひろポン at 21:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。