よろしければクリックお願いします。              ブログランキング         

2006年09月17日

女優 人村 朱美

 今日、と言ってもすでに昨日なのだが、素敵な女性に出会った。

 と言うより、その人の職場に押しかけて行った。

 場所は敦賀プラザ萬象

 その人の名前は人村 朱美さん。

 職業は女優

 彼女はあの有馬稲子さんとも共演したことがあるすごい人なのだ。

 そんなにすごい人が田舎もんのオラに会うっていうことだけでも信じられないことなんだけれど、気軽に会っていただいて色々とお話をしていただいた。

 事前にインタビューをしてもいいと言われていたけれど、何を伺ったらいいのか、どんな話題で話をすればいいのか、分からないままに話をさせていただいた。

 と言うか、そんなオラの気持ちを慮ってか、人村さん自ら話題を作って話された。

 オラはただうなずくだけだった。

 そんな中、ぶしつけな質問だとは思ったけれど、「どうして俳優業というか女優を続けているんですか?」と聞いた。

 そんな失礼な質問にも嫌な顔を一つ見せずに、

 「人が喜ぶ顔を見ることが幸せなんです。」と言っていろんな例をあげて答えてくれた。

 その返答を聞いて何故か、瀬戸内 寂聴さんを思い出した。

 瀬戸内さんは男女の仲を小説などの題材にしているのだが、その中に「人を愛すると言うことは、その人の欲することを与え、その人の欲しないことを与えないこと」と言う簡単なことに尽きると言う。

 また「相手が何を欲し、何を欲していないかを的確に知るには、想像力に頼るしかない。だから想像力は常に休みなく鍛えておかなければならない」とも言う。

 全くそのとおりだと思う。

 そして、人村さんの女優業に対しての思いを聞いたとき、何故か瀬戸内さんの言葉と人村さんの言葉が重なったのだ。

 相手の喜ぶ笑顔に幸せを感じるというのは、母親のような感情だと思う。

 だから笑顔が素敵なのだと思う。

 
 インタビュー時間は30分の予定だったけれど軽くオーバーして高山 広さんのねずぶり開演ぎりぎりまで話をうかがうことが出来ました。


 
 ありがとうございました。

 
 人村朱美さんのホームページはこちらからどうぞ。




 


posted by ひろポン at 01:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 単身赴任者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。