よろしければクリックお願いします。              ブログランキング         

2006年12月29日

我が家に神様がやってきた!!??

 我が家にもやっと神様のお家が出来ました。

 作らなきゃ、作らなきゃと思っていたのに5年くらいほったらかしにしていました。

 それで今日やっとお家を買ってきました。

 
 これが神様のお家です。

 kamisama.JPG


 実はこのお家は2代目なんです。

 昨日嫁はんがお家を買ってきたんですが、組み立てる途中に扉が取れてしまったんです。

 それで「扉が取れる神棚なんて縁起が悪い」と言って今日同じものと取り替えてもらいました。

 確かに縁起は悪いと思います。

 オラはあんまり気にならなかったんですけど・・。


 で、お正月にはお祓いを受けて神様をお迎えしようと思っています。

 
 商品には「この神棚はお祓いを受けています」と書いてあったそうですが、本当でしょうかね??


 疑いだしたらきりがありません。
 


posted by ひろポン at 22:15| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

山仕事

 今日は息子が通っている中学校の山仕事。

 オラが住んでいる町は山ん中にあるので、中学校でも自前の山林を持っている。

 だから毎年この時期なると父兄が山の手入れに行くのだ。

 いつもの夏山はむせ返るほどの湿気と暑さで体がいう事を聞かないが、今日はそんなではなかった。

 何時もよりはまだ過ごしやすかった。

 
 で、中学校に集合していざ山へ。

 山に着くと木陰がキモチ良い。
 chuugakunoyama 00.JPG
 
 
 福井県農林組合の方から杭を打つ指導を受けていざ山ん中へ・・・・・。
 chuugakunoyama 01.JPG
 
 chuuganknoyama 02.JPG

 みんなで杭打ち作業をしました。
 chuugakunoyama 03.JPG
 これをすれば山の上り下りが楽になります。

 作業を終わって、パンとお茶で空腹を満たします。
 chuugakunoyama 04.JPG

 今日の作業は朝8時からかかって11時に終わりました。

 この共同作業をしていくことで、山仕事の大変さと大事さと根気よく育てていくことの大切さを学びました。



 でも、疲れた〜〜〜。




posted by ひろポン at 13:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

ふるさと夏祭り

 今日は「ふるさと夏祭り」の日だ。

 朝早くから準備に借り出されて、夕方からの祭りの間に合うように準備をしてきた。

 オラの町では、若いもんが確実に少なくなってきているせいか、中年以上の年配者が目立ってきている。

 でもやはりお祭りはいいもんだ。

 男も女も、大人も子供も一緒になって楽しめるから・・・・・。

 故郷があるってことはいいもんだ。

 年に一回の逢瀬でもいいもんだ。

 


 もううすぐお盆。

 みんなの顔を見られる日も近い。

 今日は何を食べようかな・・・・・。


 よろしければクリックお願いします。                 ブログランキング         
posted by ひろポン at 10:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

ごめんなさい。

 なんでもあかちゃんの時は可愛いもんです。

 以前オラんちで飼っていたカモ烏コッケイなんかは、子供の時なんかはほんとうに可愛いかった。

 手の中で眠ったり、時々手の上でウンチをしたり。

 ピヨ、ピヨって鳴いて、オラを親だと思ってついてくるのだ。

 アヒルの赤ちゃんが可愛いのは、歩くときにお尻をフリフリ歩くから・・・。

 でも、その子供が大きくなるにつれて、可愛くなくなってくる。


 何ででしょう?

 烏コッケイなんかは、まるで今まで餌をもらっていたのに恩を仇で返すようなことをしてくるのだ。

 それは、足蹴り

 以前にも書いたが、烏コッケイには後姿は見せられない。

 飛び蹴りを食うから・・・・。

 でも、メスはそんなことはしないんですけどね。

 そんな思いはもうできません。

 イタチにやられてしまいました。


 会社から帰ってくると、庭には羽が散らばっていて、烏コッケイの姿はありませんでした。

 オラんちの家は山に面していて、イタチやハクビシンなどが住んでいるそうです。

 きっとそれにやられたんだと思います。

 
 もう少し、小屋の隙間をふさいでおけばよかった。

 後悔先に立たずです。





 

  

 
















posted by ひろポン at 21:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

三種の神器

 今日のお話は「三種の神器」について。

 そうあの、天孫降臨の時に、天照大神から授けられたとするを指し、日本の歴代天皇が継承している三種の宝物

 のことではない。


 オラが今日話題にしようとしているのは、草取りのための三種の神器についてなのだ。


 オラの家の周りは畑や山に囲まれているせいか、雑草の進入が絶えない。

 ちょっと油断すると(と言っても草むしりする手を抜いているだけなのだが・・・・・)、あたり一面草ボーボーになる。

 単身赴任が終わって、家にいられる時間が長くなるにつれて、草むしりの時間も増えていった。

 しか〜〜〜し、むしってもむしっても草は減りませ〜〜〜ん。

 草はいいよ、種(子孫)をごまんと残していけるから・・・・・。

 それも時間差攻撃で発芽して来るんだから・・・。

 むしった後から芽が出てくる。

 これじゃ勝てるわけありません。


 

 と思ったので、草むしりの時間を少しでも少なくするようにと、三種の神器をそろえた。


 これが我が家の三種の神器です。
 sannhunojinngi 00.JPG
 右から草刈機火炎放射器除草剤噴霧器だ。 


 草刈機は、大きな草を刈るため。
 火炎放射器は、種がついている草を焼くため。
 そして、除草剤噴霧器は手がつけられなくなった草を除去するため。

 と役割分担ができている。


 最初は、庭と言うより家の周りの草はいちいち手でむしっていたのだが、土の栄養がいいのか年を追うごとに草の勢力が増してきたのだ。

 そして、手でむしることはあきらめた。

 オラんちの水道は地下水を使っているので、除草剤が入ってきたら体に悪いと思って除草剤はまかないでいたのだ。

 それが科学の進歩とともに、草の葉っぱから吸収されて、土に落ちた薬剤は分解されて地下水には入らないという除草剤が開発されたのだ。(ほんまかいなとも思うけど・・・)


 これがその成果です。
 sannshunojinngi 01.JPG
 どうですか?
 まいた所(左側)とまかない所(右側)の違いが分かるでしょ?


 てなわけで、今ではこれが我が家の草むしりの三種の神器です。                                                                                                                                             
posted by ひろポン at 15:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

インターハイ

 娘がインターハイに行くことになった。

 まぁ、オラとしてはそれはそれで嬉しいのだが・・・・・。

 しかし、何となく心が晴れないのはなぜだろうか・・・・・。

 嫁はんは嬉しがっている。

 そんなに嬉しいんか??

 でも、折角行けると決まったのに、嫁はんは不満たらたら。

 なぜって言うと、横断幕が出ていないから。

 オラの町に限ったことではないかもしれないが、インターハイ全国大会に出場が決まると横断幕がデカデカと、道を横切って垂れ下がるのだ。

 あれが見たいらしい。

 そんなもんなんだろうか???


 分かりません、女心と親心。


 

 かといって、あまり強くは言えません。


 何故って・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 















 オラの娘は補欠なんですから。span>





 でも補欠でもラッキーなことがあります。

 選手と補欠以外は遠征費用を出さなければ

 いけないそうなので・・・・・・。







  なんか話しがすごーく小さくなってきました。





posted by ひろポン at 01:01| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ずる休み

 オラの住んでいる福井県は昨日から大雨。

 でもって、今日は朝から国道、県道すべてが通行止めとなった。

 かろうじて動いていたのが、JR。

 
 オラの町はちょっとしたことで陸の孤島になる。

 昨年の大雪のときもそうだった。

 あの時は今回よりもすごくて、国道、県道はもちろんJRまで動かなくなった。

 それが3日ぐらい続いたと思う。

 オラが小さいときにも、56豪雪といって大雪が降った。

 そのときは自宅待機。

 今回はそれほどでもなかったが、それでも川の水位が上がってもう少しで溢れそうだった。

 ほかの地域では床上浸水や床下浸水があったらしい。

 土砂崩れもあった。

 亡くなった人も出たらしい。


 なんだか最近は異常気象が多いような気がする。

 これも温暖化の影響だろうか?

 てなことを考えながら、駅で電車を待った。

 当然、列車は遅れているからいつ来るかわからない。

 それでも待った。


 その時、このまま雨が降り続いて列車が来なければいいんだけど・・・・、と言う不謹慎な思いが浮かんできた。

 イカン、イカン、学生気分になっては・・・・。


 待つことしばらくして、列車が約10分遅れで入ってきた。


 このときオラのずる休みの夢は露と消えた。                                                                                                                                                                        









posted by ひろポン at 20:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

遠征

 今日は朝から二人の子供は泊まりで富山と三重に遠征。

 これが毎週続いている。

 スポーツは心と体を鍛えるものだと思っているのだが、最近の風潮は少し違うようだ。

 学校の先生のつてでいろんなところへと出かけるのだ。

 それもバスで、日帰りはもちろん、泊まりまでもがカリキュラムに入っている。

 こんな事をしなくても、体は充分に鍛えられると思うんですけど・・・・。

 強くなって欲しいという気持ちはあるけど、そればっかりにかまけてもらっても困る。

 体も大事だけれど勉強も大事だ。
 

 メ ー ン

 me--n.JPG
 以前にもらった置物ですが気に入ってます。

 娘は楽しそうに遠征に参加しているので、少しは安心しているけど・・・・・。


 先生、遠征も良いんですけど、せめて県内ではダメなんでしょうか?

 県内でも充分に心と体は鍛えられると思うんですけど・・・・・。
                                                                     



posted by ひろポン at 06:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

人助け(人命救助?)

 以前オラが属している「壮年会」で人工呼吸法を習った。

 (壮年会と言ってもオラはそんなに歳は取っていない、念のため)

 殆どの人が一度は経験あると思うのだが、溺れた人や心臓が止まった人、息をしていない人に対して行うことだ。

 前回は講習を受けて免状をもらったのだが、2年を経過してしまったとのことで、再講習が必要になったのだ。

 そこで、前回の講習者と同じく再講習を受けることになった。

 今回の講習が前回と異なる点は、AEDを用いた応急方法が取り入れられているという点。

 これは電気ショックで心臓を再び正常に動くようにするということ。

 テレビなんかで意識がなくなっている人に電気ショックを与える装置がAEDなのだ。

 AEDは(Automated External Defifibrillator)の略で日本語では自動体外式除細動器の略。

 この装置は医者しか使えなかったものが、講習を受けて宇いれば誰でも使えるようになったのだ。

 実際先の愛地球博では何人もの人が助かったという。



 では、前置きはこのくらいにして講習風景です。


 倒れている人を見つけたら、意識の確認と息をしているかどうかをみます。
 大丈夫ですか〜〜。
 AED 00.JPG
 息をしていなかったら、人工呼吸の開始です。

 
 近くに人がいれば声をかけてAEDを持ってくるように頼みます。
 AED 01.JPG 
  

 心臓を挟むように電極をセットして、スイッチオン
 AED 02.JPG

 電気ショックをかけ終わったら、心臓の細動が止まったかどうかが器械より発せられる。

 細動が無くならなければ2,3回繰り返す。


 これで生き返った。!!!となるわけです。


 

 さて講釈はこのくらいにして、実際この様な場面に出くわしたら落ち着いて出来るかどうか心許ないです、はっきり言って。

 実際にやってみると、思うように行かなくて何回も殺してしまったような器がします。

 
 こんなに出来の悪い男に免状を渡しても良いのでしょうか???

 心配です。


 AED 03.JPG                                                              真剣な人もいれば・・・・・・。      
  


                                   







 
posted by ひろポン at 20:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

囲い込みビジネスは成功するか?

 先日第1回アップグレードふくいのセミナーに参加してきた。

 もちろん目的は、IT産業の動向と福井のレベルを知ること、そしてこれが最も感心があったのだが・・・・。

 「囲い込みビジネスは成功するのか」と言う疑問の答えを探したいため。

 第1回目の講師は角aperboy&co家入 一真社長さん。

 交流会の時に、この疑問を直接ぶつけてみた。

  
 やはり僕が思っていたように、「囲い込みビジネス」は行き詰まるだろうとのことだった。

 ITの動向に疎い僕でもそう感じるのだから、その最前線にいる人は尚更そう思っているのではないだろうか。

 ここにビジネスチャンスがあると思う。

 はやくweekpointを突かなくては・・・・。


 Rapid Yearは始まっている。



posted by ひろポン at 00:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

焦げの後

 もうすぐ梅雨の季節

 ですが百姓にはそんなことは関係ありません。

 梅雨の季節になって、草が伸び放題になったらエライ事です。雨の中では草むしりは出来ないからです。

 ・・・で、追い立てられるように火炎放射器で庭の草を焼きました。


 私の勇姿です。 
 yakihata 00.JPG
 これでも百姓ですが、傍目から見ても何だか及び腰です。
 これは娘に撮って貰いました。

 5リッターの石油で約2時間の焼き付くしでした。

 ・・・で、結果は・・・・・。


 庭が焼き畑状態です。
 yakihata 01.JPG
 こげた後が痛々しい・・・。
 右に見えるのは脱水症状となった草です。
 葉緑素が抜けてしまいました。


 私の夢は、縁側に座ってゆっくりと庭を眺める。
 
 そこには飛び石があって、苔が生えて緑が目にいたいように入ってくる。

 広葉樹が植わっていて、四季折々の色が楽しめる。

 庭に出て散策すると、日本人であることの幸せが感じられる。


 というようなことを夢見ていた。


 しかし、現実はなんとむごいのだろう。

 縁側から見る景色は、焦げむした庭とささくれ立った土だ。

 この様な状態では心の平安なんて得られるわけがない。

 心が毳立ってくる。

 やはり日本人の心には焦げむした庭は似合わない。








posted by ひろポン at 20:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

草原の我が家

 「草原の我が家」というとどんな響きだろうか。

 ある人にとっては、草原の中にある一軒家を思い起こし、またある人はアメリカのテレビドラマが浮かんでくるのではないだろうか。

 メルヘンチックな響き・・・・・



 しかし、実際はそんなに生やさしいものではない。

 あまりに多いと雑草に覆い尽くされてしまうのではないか、との恐怖が襲ってくる。

 草むしりが全く追いつかないのだ。


 今の現状です。
 niwa 01.JPG

 もっと酷いとこは
 niwa 02.JPG

 草ボーボーです。

 
 庭一面にこんな状況だからいちいち毟ってられません。

 それとどこからこんなに種が落ちていたんでしょうか?

 誰かが嫌がらせに種をまいたんでしょうか?

 あり得ないことなんですけど、そんなことをつい考えてしまいます。

 
 ニワトリもいますが全く役に立ちません。草を食べてくれないんです。

 niwa 00.JPG

 いつも買ってきた餌をやるもんだから、ニワトリのくせにグルメになってしまいました。



 そこで火炎放射器を買ってきました。

 niwa 03.JPG
 去年はこれで焼き付くせると思ったのですが・・・・。


 草の方が一枚上手でした。

 それ以上に種を残していったんですから・・・・。

 完敗です。

 しか〜〜〜し、これも諦めていては本当に雑草の中の我が家

 なってしまうので、今年の効果限定で焼き尽くします。

 
 効果は限定的でしょうけど・・・・。


 草なんかに負けんぞ!!???


 
posted by ひろポン at 08:25| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

マッサージ

 オラの娘は高校2年生。

 倶楽部は剣道をしている。

 そんでもって、毎週土曜日や日曜日には稽古や練習試合に出かけるのだ。

 引率の先生も大変だ。部員全員をバスに乗せてあちこちと運んでいる。

 で今日も、部活から帰ってきて言うことにゃ・・・。

 「肩が凝ったからもんで〜〜」って男親のオラに言うのだ。

 これってアリ????

 普通は男親は汚いとか不潔とか思われるのに、オランチの娘はそんなことはないのだ。

 オラがお茶をコップに汲んでおくといつの間にか娘が飲んでしまう。

 飲みさしでも気にならないらしい。

 これは良いことなんだかどうだか、分かりません。



 娘をうつ伏せに寝かせてオラは馬乗りで腰から肩そして腕まで揉んだ。

 柔らかいと言うより筋肉質だ。

 娘は筋肉質が好きらしい。

 いつも、女らしさより筋肉を自慢している。

 やっぱり娘は普通ではないんではないでしょうか?

 
posted by ひろポン at 23:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

野性の力

 生き物の生命力には時として驚かされる。

 もう生きてはいないと思っていても、どっこい生きているのだ。

 去年収穫した山芋を部屋に置いていたらが出てきた。

 いつかは食べようと採っておいたのだが・・・・・・。

 yamaimo.JPG

 それも食べようと思っていたことさえも忘れていたのだ。

 それで春になって一斉に芽が出てきてしまったのだ。

 こうなるともう食べられない。


 では、どうしたら良いんでしょうか????


 そうです。また植えなおしてさらに大きな山芋にすることです。


 てな訳で、早速今度の土曜日に植えることにしました。












posted by ひろポン at 23:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

山菜畑

 この時期の楽しみに「山菜」がある。

 特にオラは、「あさつき」が大の好物なのだ。

 それこそ毎日食べても飽きない。

 美味いですね〜〜、あのシャキシャキとした歯ごたえ、堪りません。

 そこで、畑の一部(土手)にあさつきを植えて手軽に味わえるようにした。

 これがあさつき畑です・

 sannsai 00.JPG

 あさつきはほっておくと種が落ちて瞬く間に増えていきます。



 今日はこのあさつきをとって酢味噌であえたものがこれです。

 sannsai 02.JPG

 オラの畑には他にも「ふき」があります。
 
 sannsai 01.JPG

 ここだけの話ですが、この蕗は嫁はんが北海道に旅行に行ったときに持ち帰ってきたものです。

 でも、土地が痩せているせいかあまり大きくなりません。

 
 山菜はその土地に合っているからこそ美味しいんでしょうね。






posted by ひろポン at 06:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

生態系が危ない!!

 今日何気なく家の周りを歩いていたら、蜂が落ちていた。

 あまり見たことがない蜂だったので、インターネットで検索してみると・・・・・。

 恐らくこの蜂は「マルハナバチ」だ。

 maruhanabachi.JPG
 小さくてよく見えませんが・・・・。

 この蜂は元々日本にはいない。

 外来種なのだ。

 なぜ外来種であるマルハナバチがこんな田舎にいるのか?

 それはハウス栽培で栽培しているイチゴトマトの受粉にこの蜂が使われているのだ。

 この蜂がハウスから抜け出して、外でも巣を作っているのだろう。

 日本には日本ミツバチという固有種がいるが、それが駆逐される心配が出てきた。

 ハウス農家にとってはこの蜂によって受粉がうまくいき、付加価値の高い作物が出来て喜ばしいことだと思うのだが、日本の生態系を考えると、暗い気持ちになる。

 日本ミツバチに限らず、フナタンポポまでが外来種によって危機に瀕していることは、テレビなどで報じられているとおりなのだ。


 効率を求めたいのは分かるが、そればっかりに頼っていると後でしっぺ返しを食らうのではないだろうか?  


 心配です。



posted by ひろポン at 08:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

酢豚

 今日は久しぶりに酢豚が食べられる。

 中華料理はオラの大好物なのだが、子供があまり好きではないので、最近はご無沙汰していた。

 が、今日はご馳走が目の前にあるのだ。

 subuta.JPG


 ジャーン、酢豚だ、酢豚だ、うれしいな!!

 
 今日はご飯が進みました。
 

  
posted by ひろポン at 22:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

しばしの平穏

 今日はオラんちの嫁はんは、半日だけのご出勤。

 それもこれもオラの稼ぎが少ないから、迷惑かけてます。

 てなことをちょっとは態度に出しておかないと、後で倍返しになって返ってくる。

 でもま〜、一人で居るっていうことは、なんか落ち着くな〜〜。

 って感じるのはオラだけだろうか。

 世の男性諸君、上手くいってますか??

 そんなことを心配することより、まずは自分ちのこと。

 単身赴任が終わって、家から通うようになったら一杯話もして、家族とのコミュニケーションとやらを大事にしなくては・・・・・・、と思ったのは何時だったのか??

 
posted by ひろポン at 14:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

書き直し

 先週の日曜日に車屋さんに行って、新しい車を買うことにした。

 車種は日産のウィングロード

 1800ccでちょっとスポーティーな車。

 で、頭金を払ってローンを組むことにした。

 いろんな手続きをするために、いろんな紙に書いた。

 といってもオラは字が下手だから、嫁はんに書いてもらった

 しかし、これが後々になって面倒なことになるとはこの時は気がつかなかった。

 
 ローンを組むと言うことは、借金を背負うことだからオリックスも本人かどうかの確認をしなければならないらしく、後日家の方に電話を入れて確認をするというのだ。

 仕事中オラは携帯電話を持っているわけではないので、会社から帰ってから電話を受けることになった。


 何という面倒くささだろうか。

 しかし、電話の内容は本人かどうかの確認をするもので精々生年月日や住所などを確認するだけというものらしかった。

 
 さて、今日その電話がかかってきた。

 オペレーター
  ○○さんでしょうか?
 
 オラ
  はい、そうですが。 

 オペレーター
  私はオリックスの○○と申します。
  この度はご利用いただきましてありがとうございます。
  この間申し込まれたローンについて少々お尋ねしたいことがありまして電話をさしあげています。
 
  ところで、この間お申し込みなったローンの住所と氏名の記入はご主人がされたのでしょうか??

 オラ
  いえ、私は字が下手なものですから家内に書いてもらいました。

 オペレーター
  えっ!、ご主人が書かれたものではないんですか?

 オラ  
  はい、そうです。家内に書いてもらいました。

 オペレーター
  そうなんですか・・・・。
  この書類はご主人に書いてもらわないと行けないんですよ。

 オラ
  ・・・・・・・。(誰が書いたって良いやんか!!、どうせお金を払うのはオラなんだから・・・。)
  それでどうなるんでしょ???

 オペレーター
  もう一度書類を書いてもらうことになります

 オラ
  そうですか・・・・・



 で、結局車屋さんに電話を入れて、再度記入することになってしまった。


 車屋さんでは「嫁はんに書いてもらっても良いって言ってたのに・・・・。」



  あ〜あ、書き直しだ。


posted by ひろポン at 22:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

遠征(追っかけ)の始まり??

 今日、娘の剣道の試合を見に行ってきた。

 場所は県の武道館。

 オラの家から車で約1時間のところだ。

 娘の試合を見るのは久しぶりだった。

 県内の高校の剣道部が一堂に集まって試合をする。

 何時も思うことだが、良くもまあ毎週毎週あちこちへと遠征したり出来るもんだ。

 その調整だけでも大変だろう。

 調整をしている先生方は大変だろう。

 家族で過ごす時間なんてあるんだろうか??

 嫁はんからの愚痴は出てこないんだろうか??

 子供と過ごす時間はあるんだろうか??

 全く頭が下がります。

 

 ・・・・・てなことを思いながら試合観戦。

 今日の試合形式は団体の勝ち抜き戦。

 先鋒が勝てば続けて相手を変えて戦うのだ。

 先鋒同士、次峰同士、大将同士が戦って勝敗で勝ち負けを決めるのではない。

 つまり、団体戦なんだけれども勝ち抜き戦なのだ。

 オラの娘は先鋒だ。

 中学生の頃と比べると、やはり動きが良くなっているようだ。

 小さきくせにすばっしこい。

 チョコチョコ動き回る。

 が、・・・・・・・・一回目の試合は引き分けに終わった。

 ま、こんなもんかナ。

 
 
 今日、生徒の親たちは余り来ていなかった、それは県内の団体戦だったから。

 これがインターハイなんかになると途端に追っかけが始まるのだろう。

 何たって部員よりも親の方の気合いが凄いんだから。

 オラの嫁はんもわき目もふらずにつっ走ります。

 
 そんな予感がします。 


posted by ひろポン at 22:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。